◇秋から冬にかけてのエイジングケアのポイントをまとめ◇

2020年、秋冬のエイジングケアの方法 まとめ

みなさま、こんにちは!

武庫之荘のヘアサロン トリートの中井でございます。

いつもご利用いただいている顧客様を中心に、多くの方に参考にして頂ければ幸いです。

今回は、これから寒さも厳しくなり「秋冬は、どんなケアをすればいいの??」といったご質問にお応えしていきたいと思います!

◇秋について

①夏のダメージの蓄積(紫外線、汗、酸化皮脂)

まず、秋の頭皮や肌、髪の環境については「夏のダメージの蓄積(紫外線、汗、酸化皮脂)」があげられます。

●紫外線

紫外線の強い夏は、頭皮はもちろん肌が、紫外線から体内を守るために角質を暑くしてバリア機能を高めます。

 

●汗

夏から秋にかけても、寒暖差が激しく汗をかくシーンが多かったと思います。

汗をかくことによって、体内のミネラル分の排出で肌表面がアルカリ性になり、タンパク質(髪・頭皮)や油分を溶かし乾燥して敏感な状態になってしまい、頭皮のたるみが生じ、顔もたるみ、体、お尻もたるむという状態になってしまいます。

余談ですが、頭皮が1mmたるむと、顔は1センチたるみ、バストは3センチたるみ、お尻は5センチたるむと言われています。

●酸化皮脂

皮脂の分泌量がもっと多い春~夏です。

そして、強い紫外線によって、それらが酸化してしまったものが「酸化皮脂」です。

酸化皮脂が多くなることで、皮脂膜バランスが悪玉菌優位になってしまい、臭いを発してしまったり、お肌の呼吸が乱れて、肌が炎症を起こしてしまい毛包炎や、痒みを引き起こしてしまいます。

②湿度低下

人にとっての最適な湿度は、60%~70%だとされています。秋になり、ふと湿度計をみると30%ぐらいになっていることも多々あります。

湿度は、お互いに寄り添う性質がありますので、お肌は乾燥してしまいます。

③気温低下、気温差

トリートのある武庫之荘(尼崎の平均気温)はこのようになっております。

 

 

このところ、ぐっと冷えてまいりまして朝晩と昼の気温差が大きく開いています。

寒いと保温しようとし、暑いと放熱しようとしようと体を維持するためにエネルギーを多く消費し、結果、寒暖差疲労&ストレスを生じてしまいます。

秋は1年でもっとも老化が進む季節


上記にあげた夏のダメージの蓄積(紫外線、汗、酸化皮脂)などによって、1年で一番老化が進むと言われているのが秋なんです。

特に、寒暖差などでストレス&疲労がたまってくると、血行が悪くなり抜け毛が気になる方が急増します。

現に、季節の変わり目で抜けやすいというのはそういった理由があるからなんです。

他のシーズンの約2倍~3倍の抜け毛が起こると言われています、適切な毛髪サイクルによる抜け毛はいいのですが、血行不良やストレスによる成長期や退行期の抜け毛は、できるだけ防ぎたいものです。

秋のケアのポイント

丁寧なクレンジングにより、古くなった角質を除去し肌環境を整えます。そして、栄養補給&保湿により、夏のダメージを修復し、冬に向けてバリア機能を高めることが大切です!(夏のダメージを修復し、これから迎える冬も健やかに過ごせるように準備を整える。)

◇冬の環境について

冬は、秋に感じる(低温・乾燥)がさらに過酷になる環境 + 多忙 が重なる時期といえますので、 さらに髪・肌・体の不調が起こりやすい季節です。

 

 

これらに加えて、年末の仕事や、忘年会などで多忙になりませんか??

忘年会で、避けられないのがアルコールですよねっ!

●アルコールと肌の関係

アルコールを摂取すると、体は有無をいわさず、アルコールを分解しようと働き始めます。

そしてアルコールを、分解するのに必要なのが水分になります。

(余談ですが、アルコールを飲むときはその前に水を飲み、アルコールも飲みながら水分も補給しましょう^^)

ですので、水分をとらなかった場合、体内の水分を使用しアルコールを分解し始めますので、分解後は、肌も体も水分不足に陥ります。

もし、あなたが1リットルのビールをのんだなら1,1リットルの水分を尿として排泄するほどです。

●保湿リミット

前項でも触れたように、冬はとにかく空気も乾燥し、肌も体内も水分量が落ちやすいです。

ですので、髪や肌にとって保湿してあげることが大切なのですが、保湿するタイミングが重要になってきます。

皆様が髪や、体を保湿するタイミングとしてはいつでしょうか?

それはズバリ「入浴の時間」ですよね?  髪や体を洗って、トリートメントを行い、化粧水やボディクリームを塗ると思うのですが、

入浴後 1分後までに極力行いましょう!!!

5分もすれば入浴前より少し水分量が多い程度、10分おすればほとんど変わらない水分量まで落ちてしまいます。

その反面、入浴直後は入浴前に比べて2倍もの水分量を保有できるので、その状態で保湿ケアをしっかり行いましょう。

髪も、水分をタオルドライでしっかり落としてから、洗い流さないトリートメントを毛先中心に塗って、なるべく早く乾かしましょう!!

 

冬のケアポイント

1、保湿&保湿&保湿 2、血行促進(体を温める) 3、上質睡眠 【蓄積した心身の疲れで滞った血流を促して心身を有職させ過酷な冬も健やかに過ごしましょう。)

 


秋・冬にオススメのサロンケア 「極上ヘッドスパ」

お家でのケアも大切ですが、たまにはプロの技と商材でケアを受けるほうが効果的でトータルにケアができます。

◇極上ヘッドスパで、一年のトータルケアを◇

丁寧なクレンジングからはじまる、極上ヘッドスパはアロマの香りに包まれて、まるで頭の中からデトックスしている心地です。

老廃物を取り除き、栄養の入りすい状態になった髪と頭皮を、あなたの髪や頭皮に合わせて選んだシャンプーを使用し洗浄&栄養補給。

温かいスチームを感じながら、プロのヘッドマッサージで、首、肩、頭のコリをほぐし、極上のリラックスタイムを。。

最後に、スチーマーで温め、栄養をしっかり入れ、水分を補給を行い、終わったころには艶のある髪と目がぱっちり開くような快感を得られます。

どうぞ、年末にかけての冬のケアに、極上ヘッドスパを受けてください♪

長くなりましたが、秋冬のケアについてブログを書かせて頂きました^^

そしてこれから寒くなりますのでお体に気をつけてお過ごしくださいませ!

ご来店を心よりお待ちしております。

関連記事

  1. 貴女の髪が、根元から美しく、揺れる艶髪に!

  2. 残暑お見舞い申し上げます!

  3. 大路の癒しの休日シリーズ【2019年お正月版】