日本人には、癖毛を持つ方が多く存在します。

だいたいの癖毛は下記の4種類に分類されます。

  • 波状毛
  • 捻転毛
  • 縮毛
  • 連珠毛

 

では、それぞれご紹介させていただきます。

1、波状毛(はじょうもう) 

波状毛は、S字にうねる形状のくせ毛で、日本人に最も多いくせ毛のタイプはこちらの波状毛と言われています。写真の女性は内側に強い波状毛がありますが、全体が波状毛の方も多いです。

くせ毛の中では比較的扱いやすいタイプで、くせ毛を活かすことが、他のくせ毛のタイプより簡単にできる特徴があります。

2、捻転毛(ねんてんもう)

捻転毛は、一見ストレートヘアにも見えるので、素人目では自分がどのくせ毛のタイプに属するのか判断することは難しいかもしれません。

加えて、くせ毛ではなく、髪が傷んでいるせいなんじゃないか?と考える方も非常に多いくせ毛のタイプです。

昔は癖毛を感じなかったが年齢によって感じるようになった、傷んでいるようなことをしていないのに、広がる、まとまらないといった方はこれに当てはまるかもしれません。

 

3、縮毛(しゅくもう)

黒人さんのようにチリチリとなっている癖毛で、うねりが細かく、強いのが特徴で螺旋状になっている場合もあり、他のくせ毛のタイプの中では一番強いくせ毛と言えます。

カットだけでは、収めることが難しくご本人も、広がりが抑えられずに困っておられることが多いので、キレイに縮毛矯正をかけるほうがよろしいかとおもいます。

ストレートした後も、根元は強く癖がでてきますので、上手にご本人様のくせと向き合っていくことが必要です。

楽しめるデザインをご相談していただきましてお気に入りいただくことが大切かと思っております。

4、連珠毛(れんじゅもう)

数珠が連なったように太さに均一感がなく、ボコボコしている形状のくせ毛で、脆く折れやすいという特徴があります。

襟足や、もみあげにもみられることも多く、ストレートと併用することで、切れている症状もまれにみれます。

 

また、それらは箇所により混在していることもございます。

ですので、しっかりと癖毛の生えている箇所と状態をしっかりと見極め、適応する薬剤と施術をすることが大切です。

使用薬剤&施術法へのこだわり

 

なぜなら、ストレートは非常に危険度の高い施術であり、髪の毛の艶や傷みに影響するからです。

そこで、私たちが使用する薬剤にこだわったのは、「ノンシリコン&オーガニックオイルストレート剤」

ノンシリコンの縮毛矯正剤は処方が難しく、なかなか質感の良い商品の開発ができないので、ほとんどのメーカーでノンシリコンのストレート剤は商品化されません。

私たちが使用するストレート剤は、メーカー様が何度も実験を繰り返した結果、オリーブ・ホホバ・シアバターの3つのオーガニックオイルにたどり着きました。

これにより、通常のシリコン配合のストレート剤では表現できない、ふんわり軽い自然なストレートスタイルに仕上げることができました。

1.シアバターとは

シアの木の種子から抽出された天然油脂です。ビタミンA・B・Eやオレイン酸を豊富に含み、髪に潤いとツヤ感を与える植物性オイルです。

2.オリーブオイルとは

オリーブの果実から抽出した不飽和度の高いオイルです。オレイン酸、リノール酸、パルミチン酸を含み、潤いのあるしなやかな手触りにします。

3.ホホバオイルとは

ホホバの実から抽出したオイルで毛髪内のCMCと非常によく似たワックスエステルを含み、柔軟性のある髪に仕上げます。