武庫之荘の美容院「TREAT」の艶のある髪へのご提案

今回は髪の痩せについて、書かせていただきます。

髪の毛の痩せってあるの??って思われる方も、お悩みの方もおられると思います。

でも思い返してみてください、髪質には個人差があるのですが、学生時代の時に比べて髪の毛が少しパサつきやすくなったり、ハリコシが少し弱くなったと思いませんか??

これも個人差があるのですが、肌の折り返し地点は25歳くらいといわれており、髪の折り返し地点は

31歳

くらいだと言われております。

どういうことかといいますと、簡単に生えてきた時点での髪の性質が31歳くらいを起点に

弱くなってくるということです。

生えてくる時点で、髪も弱くなってくる。

髪の毛のほとんどを構成せいているコルテックス細胞といい、主成分であるタンパク質のほか、脂質、水分、メラニン色素が含まれており、ここが弱くなってきたり、CMC脂質という潤いを保つ役目のものも減少してきていまいます。

生えてくる時点で弱くなってきていると、以前は綺麗にパーマがかかったのに今回は、とてもぱさついてしまったという

こともおこります。

その場合は ” 血流を良くする ” ことが大切です。

ヘッドスパにより、ツボを刺激し血流をよくしストレスから解放することも、 痩せ にはとっても大切なことです。

こつこつ定期的に血流改善を行い続けることで、髪の痩せは改善されます。

では、こつこつ定期的にとは、どのくらいの事をいうのでしょうか?

私たちは、「美容院に通う2か月に一度から始めてみてはいかがでしょうか?」を、推奨しております。

半年ほどで、髪の痩せが改善しているのが実感していただけると思います。

薬剤のダメージによる痩せへの影響力は大きい

まず、ダメージの初症状でもある一番外側のキューティクルの浮き。

それは、薬剤によって作用されることが多いです。

市販のカラー剤やパーマ剤を悪くいうのではないのですが、比較的薬剤は強めのものが多く、髪にとって負担が大きすぎます。

カラーやパーマの薬剤は、安価なものから、TREATで使用しているような、こだわってなるべく傷まないように作られたものまでさまざまございます。

ただ白髪が染まれば良いと思いホームカラーばっかりしていると、確実に毛は弱くなり、やせ細ってしまいます。

この薬剤によるダメージがどれだけキューティクルを剥がしてしまい、毛髪骨格を弱めているかで、髪の毛の見た目や、手触りが変わってきます。

ですので、確実に白髪染めやカラーリングの回数が多くなる方は、より髪や肌に優しいダメージレスなカラー剤を使用し、薬剤によるダメージを防ぎ、毛の痩せにつながらない様にすることが大切です。

そして、そのタイミングで同時に髪や頭皮を清潔に栄養で満たすエイジングケア、強い髪の毛を生やすケア、薬剤を頭皮や髪に残さないケア、つまり「ヘッドスパ」を行えば、今の状態より改善されるはずです。

2か月に一度を半年間続けていただくことで、単純に今までよりも傷まず、髪は強さを残してくれるので実感として、髪がキレイになったと感じていただけると思います。

BEFORE/AFTER

お役立ちコラム

icon-arrow-circle-right 艶のある髪へのご提案一覧

 icon-arrow-circle-right艶をなくす原因NO,1!酸化ダメージについて 
 icon-arrow-circle-right トリートメントで効果を感じないあなたへ
 icon-arrow-circle-right 髪のくせにお悩みのあなたへ
 icon-arrow-circle-right 髪の痩せにお悩みのあなたへ

icon-arrow-circle-right 生活習慣についてのご提案一覧

 icon-arrow-circle-right 運動は髪にもいいの??
 icon-arrow-circle-right 寝る子は、髪も育つ??
 icon-arrow-circle-right 髪にいい食べ物はどんなもの??
 icon-arrow-circle-right お酒と髪の関係性、、、ムムムー!!

武庫之荘の美容院をお探しの方は「TREAT」へ

サロン名 TREAT hair salon (トリート)
所在地 〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘1-13-1
電話番号 06-6435-1828
URL http://treat-hairsalon.com