アレルギー持ちの店長がまとめた! コロナ禍の「春バテ」ケアの仕方 2021年!!

皆様こんにちは、ヘアサロンTREAT 中井です。

今回は、立春を迎えもうすぐ春!! と喜ばしい季節になりましたが、意外と「なんかしんどくない??」と思うことの多い2月~3月の「春バテ」についてのコラムを書かせて頂きます^^。

題名の通り、アレルギー持ちの私にとってはとてもバテやすい季節がやってまいりました。。(ガーン)

そんな方も、そうでない方にもお役に立てるように、少々長いですがアドバイスを書かせて頂きました!

春って、疲れやすくない??

2月~3月は冬の低温・低湿によるダメージが蓄積したところへ、強まる紫外線、寒暖差、花粉、生活環境の変化など内外のストレスが複合的に重なるうえ感染対策による自粛疲れが加わり、心身のコンディションも低下気味になっておられるとおもいます。

そうでなくても、「春バテ」に関しては多くの方が、実感として感じられております。

実際のデータでは、男性よりも女性が身体や精神面の不調を多く感じられ、体の不調に関しては約7割の方が感じておられ、精神面の不調は、2人にひとりがかんじておられるようです。

寒暖差やストレスにより低下しがちな血行を高め、ダメージから肌や髪を守り、潤いで満たして、心身を ” いたわる ” ことが大切です。春先の気温差の目安

肩こりも不眠の原因に(最近、寝つきが悪いのよね、、)

在宅ワークなどで肩こりを感じる人は7割以上も!肩こりになると、就寝中でも筋肉が緊張し続けているため、寝つきが悪くなることも、就寝前のストレッチは筋肉を和らげ血行を良くするほか、副交感神経も活性化。

良質な睡眠への準備時間として行ってみませんか?

マスクの毎日で、外せなくなってないですか??

コロナ禍の感染拡大防止のため、皆さんマスクをしている毎日だと思います。

マスクをしていると顔の緊張がゆるみがちになり、表情も貧しうなるため、ふけた印象になりがちです。

顔の皮膚や筋肉は頭部と繋がって、常に互いに引っ張り合っているので、顔と頭皮の連動させてストレッチさせることがオススメです。

1、口角を上げる表情を腕立て伏せのように繰り返す。

2、舌を上顎につけた状態で、ゆっくり脊髄のひとつづつを意識して上下運動を行い、胸鎖乳突筋のストレッチを行う。

3、頭のマッサージで筋肉をほぐす。

毎日少しずつ行うことでも効果はあります。マスク生活が続くときこそ、顔と頭の連動運動を習慣化しましょう。

オススメはやっぱり 美容院の 「ヘッドスパ」!

自分でなかなか毎日ケアするのは、大変な事でなかなか続かないという方も多いのではないでしょうか?

毎日続けていたとしても、2カ月に一回はプロのケアを受けて、【髪・頭皮・ココロ】のケアを行い前向きな毎日を過ごしたいものです。

なかなかおでかけできない状態でも、きっちりコロナの感染対策をしているヘアサロンでご自身をリラックスさせてあげてみてはいかがでしょうか??

尼崎市の武庫之荘にある当店 トリート では、しっかり感染対策を行い、少人数で施術を半個室でマンツーマンで行っておりますので、安心してお越しいただけたらと思います。

ヘッドスパ有資格者のデザイナーが、お似合いのヘアデザインと共に極上のリラックスとエイジングケアをさせていただきます。

「春バテについて」詳しく以前まとめておりますので、こちらをご覧ください!

お読みくださりありがとうございます!

関連記事

  1. ショートカットには、エアウェーブパーマがオススメです!

  2. 白髪を予防できることはたくさんある!!

  3. 1000人にアンケートどうしてカラーをやめましたか??